プロフィール

横浜心身健康センター伊勢佐木心理療法室

 横浜心身健康センターは1983年5月に鍼灸師磯江氏と心理の野田の二人で心と身体の両面からの治療室として設立しました。磯江氏は四年後に独立して、その後は野田が心理専門の療法室として営み現在に至ります。

所長 野田 長生

 昭和26年高知県吾川郡いの町生まれ。66歳。高校卒業後は大阪の工具関連の商事会社に勤め一年で東京支店に転勤。25才の頃、劣等感の克服と心の能力開発に高校時代から興味のあった催眠を会得しようと守部催眠教室で催眠を学ぶ。28歳でその催眠教室に就職してクライエントの催眠療法に従事するようになる。しかし催眠療法だけでは治療効果が限られてしまうことで行き詰まり、全日本カウンセリング協議会でカウンセリングを学ぶ。その後にユング心理学を元にした箱庭療法を学ぶ。

野田長生

 私は30才の頃「自分はずっと心の事をやって行こう」と決心しました。また、心理療法は理論も大切だが体験学習の方が、より大切である。というのもあって、エンカウンターグループやフォーカシング、ゲシュタルトセラピー、ヨガ、野口体操、禅など心身相関に関するさまざまな技法を体験学習してきました。『参考ブログ:心身一如-臨床心理学から仏教修行まで-

 心理療法に携わってしばらくした頃に臨床心理士会が発足して、その時点で心理臨床に従事している者にが臨床心理士に申請すれば移行処置がとられる機会があったのです。でもそれには大卒という条件があって、私は高卒だったために申請できませんでした。それで通信大学に入学はしてみたのですが心理臨床に関係ない勉強への意欲がさっぱり湧かずに、すぐに大学は諦めました。その頃は「とにかく心理療法家としての力量をアップしたい。実際の体験学習をもっと学ばねば」と思っていて、そちらに重点をおいてやって来たのです。それに私は体験学習がとてもおもしろかったのです。我がままに自分がやりたいことだけやってきたというのが正直なところです。

 そんな中である時。ユング分析心理学の河合隼雄先生の講演会があってそれに出かけて河合先生の、その面白くてためになる講演に感動しただけでなく、その暖かくて情の深い人柄に魅入られてしまったのです。その後に河合先生が日本に導入した箱庭療法の学会に入会させて頂いて、ユング心理学を基礎にした箱庭療法を学べたことはほんとに幸いでした。河合先生の著作の数は数えきれないくらいありますが、そのほ大半は読んでいるつもりです。河合先生にはどれほど影響を受けてきたことでしょう。私にとってはユング心理学というより河合心理学なのです。

 いろいろ面白そうなことばかり選んで勝手に学んで来たのですが、その過程を振り返ってみると、心理療法家として今現在のよって立つところは第一に、河合ユング心理学といえます。そして次にはロジャーズのカウンセリングやエンカウンターグループやフォーカシングです。そしてもうひとつは禅仏教の思想です。そうそう「睡眠中に見る夢」にも随分教てもらっています(参考ページ:『夢と脳科学と物語の関係』)

 私は上記の三つを中心に学び、そしてそれを元に新しい催眠の理論づくりや、よりよい催眠療法の工夫もしてきました。はじめは指示的な催眠療法とそれと相反する非指示的なカウンセリングとを行う際の矛盾に苦労したりもしましたが、今は私なりの持ち味とした、まとまりを持って心理療法を行なえているつもりです。またさらに催眠療法においてはユング心理学と禅仏教の考えから導きだした新しい催眠理論を構築できました。そして催眠療法の実践面ではインナーセルフ療法を考案して用いるようになっています。

 実際の心理面接の場では「心に役立つこんな良いものがあるよ」といくつかの心理技法を提示して試してもらったりします。でも私自身が好きなように歩んできた身ですから、クライアントの方にも「あなたの良さそうに感じるものあるかしら、他のあなたの良さそうに思うやり方をやってみようか」などと言って、それに付き合ったり一緒にあれこれ工夫したりしながら心理面接を続けています。