はじめに

 横浜心身健康センターでは対人関係での悩みや、心からくる問題・症状でお困りの方の悩み解決のお手伝いをしています。また今の自分を変えて、いきいきと自分らしく生きていきたいとお考えの方のサポートもしています。よく用いている心理技法は、カウンセリングや催眠療法、フォーカシングや箱庭療法、インナーセルフ療法、禅の考えを元にしたコーチングなどです。

 はじめまして。野田長生です。よろしくお願いします。

 心の問題は眼には見えません。そのため自分自身でもどうして良いか解りにくいのです。他人にはなおさら解ってもらいにくくなります。初回面接はそのように解かりにくくて一人で抱えてきた問題を話していただくことから始まります。もちろん話したくないことは無理に話す必要はありません。当相談室では来談された方が、自分の抱えている問題やその大変なところを、できるだけご自分のペースで無理なく話してもらうようにしています。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 当相談室での初回の心理面接は1時間45分です。はじめに来談された方が話せる範囲でですが、できるだけ詳しくお話をうかがうこともあって、通常の面接時間より長くとってあります。通常ではまず前半にカウセリングで4,50分話を伺います。そして少し休憩を入れます。後半も続けて話しがしたい方は前半と同様にカウンセリングをおこないます。催眠療法に興味にある方には催眠療法を試したりもします。その他にはフォーカシングや箱庭療法を試される方もいます。

 2回目以降は1時間20分で、やはり前半カウンセリングをして後半は催眠療法やフォーカシングや箱庭療法をおこなう方が多いです。全部の時間をカウンセリングで話し合う方もいます。また2回目以降では50分のカウンセリングのみの面接をおこなっている人もいます。面接料金体系などについては「面接時間・料金」のページをご覧になってください。

 私の大好きな宮沢賢治が生前に出版した童話集「注文の多い料理店」。その序文の最後に「・・・わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾いくきれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません」とあります。私はこの序文がとても好きです。

 このホームページは私の営む心理療法室の案内のためのものです。宮沢賢治の栄養素満点の貴重な物語とは比較の対象になるものではありません。でも私は、宮沢賢治の「あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません」というのと同じような願いを持ちながら「カウンセリング」「催眠療法」「フォーカシング」「箱庭療法」「インナーセルフ療法」のページを書きました。心理療法に興味を持ってこのホームページを読んでくれる方が力をつけていくための、ほんとうの道筋を見つけるきっかけになるようにと願いながら書いたのです。ぜひ読んでいただきたいです。

横浜心身健康センター:045-252-3272
~月曜定休日:10:30~20:00:秘密厳守~