noda のすべての投稿

箱庭療法学会大会に参加して

 10月15,16日と箱庭療法学会25回大会が有楽町の東京国際フォーラムで開催された。

 箱庭療法学会大会は年一回2日間の開催日程で持ちまわりで周っているのだ。遠征してまで参加するのがキツイ貧乏所帯な私にとって、心待ちのしていた通いで行ける箱庭療法学会大会なのである。春にはすでに参加予約してこの日を楽しみにしていたくらい。でも私の大好きな河合隼雄先生が2007年に逝去されてからはじめてになるので、行っても河合先生は居ないんだなと思うと寂しさが通り抜けたりはした。

 久しぶりに参加してみると今回は参加人数が以前よりかなり少ない感じだった。箱庭学会会員は増え続けて2000人以上みたいだし今年から学会誌の発行は年2回から3回に増えるくらいに盛り上がっているのに?今回の大会だけが少なかったのかも。でも、もしかしたら関東方面が減ってきている兆しなのかなぁ。

 パネリストの「乾先生」は精神分析学派の立場から、また「川戸先生」はユング派分析心理学の立場からであるが、力動精神療法は言語化してアピールしないと遅れをとってしまうなど危機感の話題から日本の心理界で両学派が手を組んでいく接点はないものかなどとの話も出た。この公開シンポジウムが大会の目玉なのだが今回はパネリストが2人で少なかったり、事例提供者が後出しだったししたのでアピール度が弱くて参加者が少なかったのかも。でも精神分析学派から来ていただいた乾先生は正直でユーモアもあって良い人柄しててとても素敵だった。

 初日に分散されて行われるワークショップの方は山中康裕先生のに参加してそれはすでに前回に書いたが、2日目の三つ参加できる研究発表検討会の中の最後にも山中先生が指定討論者になっているのがあった。他に予定されている先生方の講義にも目移りする中で私は「山中先生は70歳の御年だし(まぁ私も60歳だけど)お目にかかれるのは最後になるかもしれないから」と山中先生の講義に再度参加することに決めた。

 でも山中先生のセッションに参加して正解だった。終了後にトイレの所にいた若い男性に「山中先生、歳はお幾つなのかしら?」と聞いたら、その男性が「私が卒業するときに還暦だったから今は70歳くらいです」「パワフルだねぇ、、」「前よりそうでした。元気もらいました」と言っていた。河合先生が亡くなってそのぶんをガッバっておられるのか、はたまた自由になってのびのびやりたい放題なのかはわからないけど。ホントに凄かった。私も元気もらった。

 何よりも素敵なのは山中先生のクライアントを思うそのハートだ。山中先生が話している途中から私は感動でしばらくは涙出し続け状態でした。そういえばもうかなり昔に、同じ箱庭療法学会大会に参加したと時にも同じ感動をしたことがあった。それは事例提供者が話した事例についてパネリストとなった箱庭療法学会の先達数人が壇上でコメントし合う公開シンポジウムの場だった。もう良い歳をした大の大人、それも大学教授という社会的に立場の高い人達が、口から泡を飛ばさんばかりになって、その事例のクライアントである一人の子供に入れ込んで、夢中に討論している姿がとても新鮮だった。

 今回はその時のパネリストの一人であった山中先生だけだったが、でも先生から響いてくるそのクライアントを思う情熱は私の何倍も強かった。技法よりも何よりもホントにホントに大切な物を教えてもらった。

東京国際会フォーラム

 

箱庭療法学会25回大会があった東京国際フォーラムの中庭の写真です。

 箱庭療法学会大会の様子などは秘密保持のためもあってに写真は撮れませんでした。


バウムテストの本と箱庭療法学会25回大会

 山中康裕先生と岸本寛史先生の共著で「コッホのバウムテスト第三版を読む」という本を買った。9月に出た新刊である。心理関連の本はどれも高額でこの本も3675円也。

 もう何十年も前に心理テストの一つであるバウムテストを会得したくて、コッホの翻訳本を買った。が、文章が全く理解しにくかった。翻訳が酷すぎたみたい。当時他にバウムテストの著作はないものかと探しまわったが見つからずに諦た。それが近年山中先生のバウムテストに関する本が出てたので買って読んでほんの少し踏み込めてはいた。その時は知り合いの者に頼んでバウムテストの「実のなる木」を書いてもらったりはした。でも深めていくまでには至らずクライアントに描いてもらうまでにもならなかった。

 さて今回買った上記の本をちょっと読んでみた限りではかなりのおもしろさである。岸本先生の提示したものに山中先生がコメントしていく形式の本だが、山中先生ドンドン喋りまくっている。実は私は今週末にある「箱庭療法学会25回大会」の初日に山中康裕先生のワークショップを受講することになっているのだ。内容は「私のサイコセラピーにおける箱庭の位置づけ」という山中先生の話のみで事例検討もないやつ。河合先生の話題も出るかしら。山中先生も歳だから今回は話を聞いとかないと。と思って春にはもう早々と申し込んだ。

 もちろん前回このブロブに紹介した「心理療法論」を書いた伊藤良子先生もワークショップやるみたい。あぁ、でもワークショップは川嵜克哲先生の夢の本がおもしろかったから川嵜先生の「夢を読むように箱庭を読む」という方が良かったかなぁ、、うーん、できれば三つとも参加したいよぅ!夏には一日だけの箱庭研修会に参加したけど、年次大会は久しぶりだし楽しみだなぁ!


文字入力

 Atokからgoogle日本語入力に変えました。

 Atokが良いのだけれどWeb上で書き込んでいると時々おかしくなるし、それにバージョンアップのたびにお金がかかるし。google日本語入力はちょっと心配だったけど思い切って変えました。この文章はgoogle日本語入力で書いているけれどかなり良いよ!コレは良いわ!思い切って変えて良かったかも。動きまでもAtokよりサクサクしている感じだ。書くのが楽しくもなるよ!

 うーん、Atokは何だったんだろう?日本人が作ったから良いのだと思っていたけど、ちょっと古臭くなってしまっていたのかもね。特に私のはAtok2006だし。最新のAtokは進化しているだろうけど、google日本語入力は無料だからなぁ、、これでネット上での記入も大丈夫になるだろうし。なんか文章書いていても補助機能の見え方もいい感じだよ。ウン!


後4ページでup可能!

 ワードプレスによるcocorocarada.comの新たなホームページ作りも最終段階にきました。後ページを新たに書き込むところが、カウンセリング、催眠療法、フォーカシング、箱庭療法(後少し)となった。

 重複コンテンツを避けるためもあるのだが、やはりカウンセリングについてや催眠療法について今現在の私の考えや思いを正直に書くことが私の今の力量に添った表現になるだろう。それは無理のない自然なアピールとなるだろうから返って好印象に受けとめてくれる人もいるはず。


本「心理療法論」

 伊藤良子先生の「心理療法論」という本を少し読んだ。

 そこに書かれてある伊藤先生の心理臨床に対する姿勢は深く、骨太にも感じました。そしてこのホームページのトップページにクライアントに向けて「お気軽においでください」などと書いていた私の軽さを「クライアントの思いはそんなもんじゃないだろ」と強く反省させられました。


コンテンツに取りかかりました。

 とりあえずデザインのカスタマイズが一段落したので、内容の書き込みに取りかかりました。以前に地図をジャバスクリプトでアップできていたのに今回は上手くいきませんでした。それで地図は諦めてトップページの文章作成に取りかかったわけです。

 朝9時半頃からはじめて今12時時半です。文章が一番やっかいかな。。でもこれが一番重要なわけだし、もっと文章作成が面白くなるようにしたいな。


デザインが整いました!

 カウンセリング・催眠療法 横浜心身健康センターと催眠心理研究会のHPをスマートフォンにも対応できるようにしたら、このワードプレスの方も気になって取りかかってしまった。それで眠い中にデザインを整えてなんとか今の時点で気に入るやつができた!

 やったやったぁ、、!


再挑戦です!ワードプレスでのホムペ作り

 以前のホムペはsinsinの方のサイトの丸写しだったので、知らぬ間にグーグルにクロールされていてビックリ!ミラーサイトに想われたらマズイと焦って削除した。

 でもその後、n-ko1の催眠心理研究会のホムペをリニューアルしているうちにこちらもごく簡単なホームページを作ってアップしておけば宣伝になるじゃないかと思い至ったのでした。

 それでさっそく気に入ったテーマを捜してそれなりの形になるよう取り組んでるのです。

 かなり夢中です!